ホイアンからダナンまでの帰り道、リゾートホテルが立ち並ぶエリアがあります。

今回は5つ星ホテル「フラマリゾート ダナン / Furama Resort Danang」のプールに寄り道することになっていました。
Furama Resort Danang_01


まずは受付でプールをビジターとして利用したい旨を伝えると、スーツケースを預かってくれました。
次に、別のカウンターに連れて行かれ、そこでメニュー&料金表を見せてくれました。
Furama Resort Danang_09

プール希望なのでPool & Beach usage with lunchのプランを申し込みました。

このプランは、プールとビーチを1日利用出来て、ランチも付いてひとり73万ドン(約3,500円)です。(2019年8月時点)ボディボードも借りられるみたいですね。

最後はマップをくれて、着替えの場所を教えてくれました。
Furama Resort Danang_02


ビジターが水着に着替えるためのスペースと荷物を預けるロッカーがあります。更衣室はひとつだけなので(写真の右側)、交代で着替えます。着替える場所は十分な広さでストレスは感じませんでした。
Furama Resort Danang_08


私が先にラッシュのパーカーとサーフパンツに着替えて待っていたら、タッキーが天女みたいな羽織ものの水着を着て出てきました。
「何その新アイテム。飛べるの?」と風にはためくドルマン袖を弄っていましたが、お気に入りだそうです。
コレです。麦わら帽子を三角帽子(ノンラー)に変えればタッキーそのものです。

水遊びはしたいけれど、ボディラインは隠したい、出来れば素敵に隠したいという乙女心を満たしてくれる一品となっているようです。

プールサイドはのんびり過ごすのにはとても良かったです!
Furama Resort Danang_07-2_swimming pool

水の中では天女というよりイカを追いかけて遊んでいました。

食事はいくつかから選べたので、バーガーにしました。
Furama Resort Danang_06_lunch

お肉が分厚い!!凄いボリュームで、美味しかった~!
Furama Resort Danang_06_lunch2


昼からビールもいただきます。飲み物もひとり一杯無料で付いていました。
Furama Resort Danang_05_beer


もうひとつのプールも見に行ったけど、親子連れが多く、どちらかというと子供向けかなと思い戻って来ました。

シャワースペースもあったので、そこで体を洗ってから、海辺で体を乾かしつつ休みました。
天気は雲が出がちでまあまあでしたが、海風と波の音を満喫しました。
Furama Resort Danang_03


今回、飛行機の都合もあり2時間半くらいの滞在でしたが、正直、全然時間が足りなかったというのが感想です。
受け付けしたり、着替える時間や食事の時間を考慮すると、4時間くらい欲しい!と思いました。

あと、バスタオル置き場のホテルスタッフにもうひとつのプールへの行き方を聞いたら、英語でうまく説明出来なかったのか、最短ルートではない道を指差され、ホテルをぐるりと一周することになってしまい、それで20分ほどロスしたというのも痛かったです。

色々想定外の出来事が起こるのが旅のつきものなので、やはりゆとりある行動プランを立てなければと思いました。

Furama Resort Danang_04

次はもっとうまく遊べるように思います
私のブログを見ていただく人には、まるで2回目のようにうまく旅していただけたら嬉しいです

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ


フラマリゾート ダナン