何度もベトナムに来ているので、親族からは「コーヒーはもういらない」「あまり買ってこないで」等の事前通知を受けている身としては、なかなかお土産選びは難しいものがあります。

兄弟がお酒を飲むので、彼には皮付きカシューナッツにします。これなら文句ないでしょう。(多分)
密封したビニールのパッケージに入ってるものが種類豊富でしたが、プラスチックケースの方が見た感じがよいのでこちらにしました。
Cashew nuts_01


今回、買おうと決めていたのはこのココナッツクッキー。知人からいただいて美味しかったんです。薄っぺらくて硬いのですが、しっかり噛みしめていると美味しさが口に広がります。
Coconut cookies_01

最初、右側の箱入りの方がお土産としてよいかなと思ったのですが、右側は個包装になっていないらしいので、左側の方が貰った人も扱いやすいだろうと思い、左にしました。
Coconut cookies_02


ベトナムは可愛らしい刺繍の巾着袋やポーチなどが安く買えてお土産によいのですが、私の友人や親しい同僚たちは全員(私から配られて)持っているので今回はやめておきます。でも自分用に追加購入しました。
Embroidered pouch

お土産で刺繍の巾着袋やポーチを買う時は、出来るだけ手刺繍で、見た目の可愛らしいものを選んでいます。そしてこれにお土産を入れて渡したりしています。刺繍グッズもピンキリで、同じ巾着でもひとつ1,000円してその価値を感じられるようなものから、ひとつ200円で、モノによっては可愛く、モノによっては少し貧相というものもあります。
高くて品質の良いものは、タンミー・デザイン(Tanmy Design)とか、大聖堂前のNha Tho通り南側にあるお店(名前を思い出したら追記します)とかで買えます。一方で、よくあるお土産物屋さんでは山積みの100~300円程の商品の中から可愛いものを探し出す楽しみがあります。ちなみに上の写真は小さな巾着袋で、100円商品の中からとても可愛いのを見つけ出したものです

今回、女性同僚たちへのお土産は、ベトナムのココナッツオイルにしました。クレンジングなり、保湿なり、ヘアオイルなり、何かに使ってもらえるでしょう。配ってしまっているので、さっきからお店で撮った写真ばかり
Organic coconut oil


旅行から帰ってお土産が足りなかったというのはよくある話。なので、いつも少し多めに買ったりするのですが、私の場合はコーヒー豆やお茶がよく選ばれます。
ベトナムではハス茶が有名だと聞きますが、いわゆる本物って結構高いんですよね。このお店もお値段忘れましたが、お土産を買い忘れてしまうような人にあげるにはちょっと高いと思います。笑
Lotus Tea_01

日本語のハス茶の淹れ方の説明書もありましたので、日本人のお客さんも多いのだと思います。買う前に試飲もさせていただきました
Lotus Tea_02

スーパーに売っているハス茶は基本的に香料を入れたものになるようですが、中にはハスの花で香りづけしたものもあるようです。
Tea_02

もしスーパーで予備のお土産として買っておく場合は、ハス茶にこだわらず、ジンジャーティアーティチョークティ(日本では結構高い)など色々売られていますので、私ならパッケージの見栄えも考慮して選びます。この下の写真のジャスミンティは330円くらいだったと思いますがとても可愛いですよね。
Tea_01

同様にコーヒー豆も可愛らしいパッケージのものが沢山ありましたが、ベトナムコーヒーは焙煎方法が独特で好き嫌いが分かれるので、お土産としては少し難しいアイテムだと思います。

ハノイのお土産、次回に続きます。

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ


タンミー・デザイン/Tanmy Design(数店舗あり)


ハスのお茶屋さん