トゥボン川にかかるアンホイ橋を渡り、これまで東側をうろうろしてきましたが、西側にも行ってみたいと思います。
まず西に行くには来遠橋(日本橋)を渡ります。
Japanese covered bridge in Hoi An_01


来遠橋(日本橋)の中ほどにある建物に入るには、観光用のチケット(5枚綴りになっていて、1枚ずつ切り離して使う)が要るのですが、一時期、観光用のチケットがないと橋を渡ることすらダメだと言われた時がありました。今回は渡れるようになっていたので良かったです。回り道せずにすみました。
けれど、例えば文化財保護のため通行者を減らしたいなどの理由だったら、誰もが納得して喜んで回り道したと思いますけどね。

Japanese covered bridge in Hoi An_02


でもその時のホイアンはちょっと違っていました。
旧市街の方に入ろうとしたら、観光用チケットを買わなければ旧市街に入ることもダメと言って、(感じの悪い)女性職員が観光客に向かってチケットを買えと大声を出していました。きちんとした券売所がある訳ではなく、道のわきに突然テーブルを置いた感じで、職員たちがその周辺をウロウロしながら観光客を呼び止めてチケットを買わせていたのです。これ本物の職員なの?と思いつつも、私は既に観光用チケットを持っていたので、職員から「チケットを買って!」と言われて「もう持ってます」と返事して通り過ぎようとしたけど、そのチケットを見せろと言ってついて来たので、カバンのポケットから出して見せた瞬間、サンキューとも言わず踵を返して他の観光客を追いかけて行きました。
行政が観光客からお金を徴収したいなら、「旧市街へは、入場料を払うか、或いは観光用チケットを買えば入場無料」とかにしておけばいいのに、観光施設に入る予定の無い旧市街を歩きたいだけの人にも観光用チケットを強制的に買わせる仕組みが反感を生むと思いました。
今回、この仕組みがなくなっているということは、やはりどこかに異を唱えた人がいたのだろうと思います。
そしてあの職員、相当感じが悪かったですが、今にして思えば、券売所もゲートも何もない場所で観光客にチケットを買わせるという難題を上から与えられ、それを守ろうと真面目に働いていたんだろうなぁと思います

そんな訳で今回はあっさり来遠橋(日本橋)を渡ります。
以前、チケットで建物の中にも入ったことがあるのでその時の写真も。ここは、中に入らなくても橋を渡るだけで見える場所なんですけどね。
Japanese covered bridge in Hoi An_03


とても小さな建物なので、裏側に回るとこのスペースがあるだけです。
Japanese covered bridge in Hoi An_04


明かり取りの窓から北側を覗くと、タイムスリップして昔のホイアンが見えないかな、、、
Japanese covered bridge in Hoi An_05


そんな訳もなく、今のホイアンです。
Japanese covered bridge in Hoi An_06



来遠橋(日本橋)を渡るとすぐにフーンフンの家(Phung Hung Old House)です。
フーンフン、響きが可愛いですが、実際は日本人の考えるフーンという音ではないです ここはお土産物屋さんでもあります。

ここの2階からの眺めは、時代劇のセットに入り込んだような感じがしてもとても趣深いです。写真左が渡って来た日本橋です。
Phung Hung Old House_01


Phung Hung Old House_02


ここは昔の貿易商人の家で、現在も子孫が住んでいるそうです。
Phung Hung Old House_03





もっと西へ進み、素敵なカフェ「La tonnelle」にやってきました。ここの雰囲気、たまらなく良いです。ベトナムコーヒーをいただきました。
La tonnelle cafe_02

この記事を書いていて気づきましたが、ここはゲストハウスでもあるようです。良い立地だと思います

コーヒーを飲みながら、道行く人をのんびり眺めます。
La tonnelle cafe_01


並んでいるお土産物屋さんの品揃えはほぼ同じですが、人通りも少し減って、とても落ち着きます。
Nguyen Thi Minh Khai street

ずっとずっと昔、15年くらい前、ホイアンに行ったことがある人に初めて出会った時、まさにこの場所で撮った写真を見せてくれました。今も変わらず美しいホイアンです。

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ