ワット ブワック クロック ルワン (Wat Buak Krok Luang)に行くために、近くの駐車場で車を停めたところ、友人が、素敵な場所があるから見に行こうと。

着いてみると、なんということでしょう
地面のあちらこちらに、花びらで描かれた模様があるではありませんか。
ピンクのはきっとランプですね。夜は一体どんな美しさになるのかしら。
IMG_201911_ChiangMai_D2-4 (3)


風が吹いたらどうするんだろうとか、そんな野暮なことを考えていてはアートは成立しないのです。
IMG_201911_ChiangMai_D2-4 (3-2)


中に入ると、これまた素敵な雰囲気です。
IMG_201911_ChiangMai_D2-4 (1)


上の写真の、階段を上がってすぐの建物は、中庭の池が見渡せる食事スペースのような感じになっていました。
IMG_201911_ChiangMai_D2-4 (1-2)


周辺には独立した建物が並んでいるので、ヴィラになっているようです。

こんな素敵な雰囲気のホテルで、夜の静寂を楽しみたい
IMG_201911_ChiangMai_D2-4 (2)


ヴィラの周辺には公園もあり、今から向かうお寺もあり、雰囲気は最高です。
IMG_201911_ChiangMai_D2-4 (4)


ランタン祭り(コムローイ)のランタンが打ち上げられれば、もう言葉は不要でしょう。
IMG_201911_ChiangMai_D2-4 (5)


でも最初、Google Mapで該当するホテルが分かりませんでした。でも、場所は分かっていました。ここです!


そして気付きました。いや、友人に聞きました。
ここは広大な敷地の5つ星ホテル「ダラ デヴィ チェンマイ」のほんの一角だったようで、我々はその敷地内をウロウロしていた訳です。

Googleストリートビューを見てみると確かに、我々が入っていった場所はまさにここで、控えめにホテル名が書いてありました。
Dhara Dhevi Chinag Mai Hotel

こんなに控えめということは、正門ではないのだろうと思いますがよく分かりません。

正直、市内観光には不便だと思いますが、この辺りでのんびり過ごすならとても良さそう

では、ワット ブワック クロック ルワン (Wat Buak Krok Luang)に向かいます。
思いっきり逆光ですが、向こう側に見えるのがそのお寺です。
Wat Buak Krok Luang temple


上の写真は、ちょうどこのランタンのキャノピーをくぐっているところです。
Wat Buak Krok Luang temple


これから火が灯ってもっと素敵になるだろうなぁ。
Wat Buak Krok Luang temple


入り口の蛇神ナーガ。色褪せて歴史を感じます。
Wat Buak Krok Luang temple


中の様子です。このお寺は両サイドの壁に描かれた絵が有名だそうです。
Wat Buak Krok Luang temple


これもお札を挟んだ棒を刺すやつかな。色とりどりですね。
Wat Buak Krok Luang temple


こんなユニークなお供え物も。そう言えばミャンマーでもお金を袋に入れてお供えしていたなぁ。
Wat Buak Krok Luang temple


敷地内では、夜に向けてお祭りの準備がされていました。
これはすぐ隣の建物です。地面には黄色いキャンドルが並べられています。
Wat Buak Krok Luang temple


カラフルで映えますね。
Wat Buak Krok Luang temple


これまで私が見てきたランタンの飾りつけと様式が違うので、新しい文化に触れたような気がします。
Wat Buak Krok Luang temple


お寺の入り口の方では、地元の人から食事が振舞われていました。
local food


私たちも、葉っぱに包まれたパッタイをいただきました。美味しかったです。ありがとうございました
local food


タイ人の友人が言っていました。このように食事を振舞われそうになったら、断ったらいけないって。その後、こういう場面には遭遇しませんでしたが、次の旅まで心に留めておきたいと思います。

ワット ブワック クロック ルワン (Wat Buak Krok Luang)



にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ