東南アジアの街角で ~ 旅する中年女の自由帳

現在は旅の回想ブログになりますが、いつかまた旅できる日を夢見て...

2020年12月

職場へのバラマキ土産などでインスタントフォーを買う人もいると思いますが、おすすめのインスタントフォーがあります。レトルトパウチの具材付きのフォーです。他のインスタントフォーより高いですが、これだと、貰った人が具材の用意をせずにすぐ楽しめます 写真は牛肉のフォーですが、私は鶏肉のフォーの方が好みでした。
Pho_01

インスタントフォーはお鍋は不要で、器にフォーとスープを入れて、熱いをお湯を注いで3分待てば出来上がります
Pho_02

私が好きな鶏肉のフォーのパッケージはこちら(動画です)


続いてチョコレート。
好みのチョコレートを好きな色の可愛らしい箱に詰めて買えるフェバチョコは、もはやお土産の定番かもしれません。
Pheva_01

もちろん、最初からパッケージ詰めされているものもあります。フィルムで包装されているので、衛生的にも安心感を与えるかもしれません。
Pheva_07

見た目が鮮やかで、開けた瞬間に嬉しい気持ちになるのではないでしょうか?
Pheva_03

チョコレートの模様も可愛らしいです
Pheva_05

ちなみに、パッケージ詰めの方にはブラックペッパー味が入っているようですが、フーコック島の白コショウを使ったフレーバーは変わっていて美味しいので、自分で詰める場合はぜひ入れてみてください

こちらはALLUVIAのジンジャーチョコ。
Chocolate_01

ベトナムのオーガニックカカオを使い、メコンデルタの生姜を使ったチョコレートだそうです。他にも色々なフレーバーがありました。自分用に買ったのに、結局食べられなかった悲しい思い出の品です。
Chocolate_02


冬のお鍋に少し入れたら美味なのがサテトム/SATE TOM(エビのラー油)。写真を撮り忘れてしまいましたが、私が買ったのは台形みたいな形をした容器のものでした。色々種類がありましたよ。
他にも、米粉の春雨や、ライスペーパーもゲットしました。南国らしいドライフルーツもおすすめです
Dried fruits_02


ベトナム産のワイン、ダラットワインも購入しました。ダラットワインは赤白両方あって、お値段もモノによって幅がありますが、写真は1本500円前後のスーパーで手軽に買える白ワインです。
Dalat wine

いつかダラットの町にも行ってみたいな

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ


何度もベトナムに来ているので、親族からは「コーヒーはもういらない」「あまり買ってこないで」等の事前通知を受けている身としては、なかなかお土産選びは難しいものがあります。

兄弟がお酒を飲むので、彼には皮付きカシューナッツにします。これなら文句ないでしょう。(多分)
密封したビニールのパッケージに入ってるものが種類豊富でしたが、プラスチックケースの方が見た感じがよいのでこちらにしました。
Cashew nuts_01


今回、買おうと決めていたのはこのココナッツクッキー。知人からいただいて美味しかったんです。薄っぺらくて硬いのですが、しっかり噛みしめていると美味しさが口に広がります。
Coconut cookies_01

最初、右側の箱入りの方がお土産としてよいかなと思ったのですが、右側は個包装になっていないらしいので、左側の方が貰った人も扱いやすいだろうと思い、左にしました。
Coconut cookies_02


ベトナムは可愛らしい刺繍の巾着袋やポーチなどが安く買えてお土産によいのですが、私の友人や親しい同僚たちは全員(私から配られて)持っているので今回はやめておきます。でも自分用に追加購入しました。
Embroidered pouch

お土産で刺繍の巾着袋やポーチを買う時は、出来るだけ手刺繍で、見た目の可愛らしいものを選んでいます。そしてこれにお土産を入れて渡したりしています。刺繍グッズもピンキリで、同じ巾着でもひとつ1,000円してその価値を感じられるようなものから、ひとつ200円で、モノによっては可愛く、モノによっては少し貧相というものもあります。
高くて品質の良いものは、タンミー・デザイン(Tanmy Design)とか、大聖堂前のNha Tho通り南側にあるお店(名前を思い出したら追記します)とかで買えます。一方で、よくあるお土産物屋さんでは山積みの100~300円程の商品の中から可愛いものを探し出す楽しみがあります。ちなみに上の写真は小さな巾着袋で、100円商品の中からとても可愛いのを見つけ出したものです

今回、女性同僚たちへのお土産は、ベトナムのココナッツオイルにしました。クレンジングなり、保湿なり、ヘアオイルなり、何かに使ってもらえるでしょう。配ってしまっているので、さっきからお店で撮った写真ばかり
Organic coconut oil


旅行から帰ってお土産が足りなかったというのはよくある話。なので、いつも少し多めに買ったりするのですが、私の場合はコーヒー豆やお茶がよく選ばれます。
ベトナムではハス茶が有名だと聞きますが、いわゆる本物って結構高いんですよね。このお店もお値段忘れましたが、お土産を買い忘れてしまうような人にあげるにはちょっと高いと思います。笑
Lotus Tea_01

日本語のハス茶の淹れ方の説明書もありましたので、日本人のお客さんも多いのだと思います。買う前に試飲もさせていただきました
Lotus Tea_02

スーパーに売っているハス茶は基本的に香料を入れたものになるようですが、中にはハスの花で香りづけしたものもあるようです。
Tea_02

もしスーパーで予備のお土産として買っておく場合は、ハス茶にこだわらず、ジンジャーティアーティチョークティ(日本では結構高い)など色々売られていますので、私ならパッケージの見栄えも考慮して選びます。この下の写真のジャスミンティは330円くらいだったと思いますがとても可愛いですよね。
Tea_01

同様にコーヒー豆も可愛らしいパッケージのものが沢山ありましたが、ベトナムコーヒーは焙煎方法が独特で好き嫌いが分かれるので、お土産としては少し難しいアイテムだと思います。

ハノイのお土産、次回に続きます。

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ


タンミー・デザイン/Tanmy Design(数店舗あり)


ハスのお茶屋さん


昨日はお洒落レストランをエンジョイしましたので、今日はローカルレストランを攻めていきたいと思います

旧市街をウロウロしつつ、まずはお茶屋さんへ行きました。タッキーが紅茶とかいわゆるTEAが好きなので、ベトナムのお茶をいただきに行きます。

とても興味深いお店でしたので、ちょっと写真多めに書いてみます。

お店に到着しました。ビルの中ほどにあります。
Thuong Tra Quan_Tea house 01

ここ?ここから入るの??恐る恐る階段を上がって行きました。
Thuong Tra Quan_Tea house 02

すると雰囲気のあるお店の入り口に到着です。
Thuong Tra Quan_Tea house 03

金魚が泳いでいました。
Thuong Tra Quan_Tea house 04

席に座ればメニューを持って来てくれたと思いますが、よく分からずカウンターでお茶を選びました。
Thuong Tra Quan_Tea house 05

お店はクーラーがなくて暑い
Thuong Tra Quan_Tea house 06

バルコニーの席も雰囲気あって素敵です。
Thuong Tra Quan_Tea house 07

Thuong Tra Quan_Tea house 08

私たちはこの本棚の向こうのテーブル席に座りました。奥には座敷もありました。
Thuong Tra Quan_Tea house 09

ゆったりした雰囲気を楽しみながら待っていると、面白い蓋の形の急須が出てきました。
Thuong Tra Quan_Tea house 10

素敵な空間で美味しいベトナムのお茶をいただきながら、のんびりお喋り、のはずが、暑い中、熱いお茶をいただいていたので、「どこか涼しいところに行こう」となって、結構すぐ出てきちゃいました。お店の雰囲気を存分に楽しめるよう、ちょっと涼しくなった頃がおすすめです。

お昼ご飯はハノイで一番(?)美味しいフォーを食べに行きます。
正直、フォーはめちゃくちゃ好きという訳ではなく、それほど食べたこともありません。が、昔、ベトナム人の友人とハノイで一番美味しいフォーを食べようという話になり、その友人がベトナム人の口コミやランキングを検索して、「Phở Gia Truyền(フォー・ザー・チュエン)」というお店に行くことになったのです。まず行ってびっくり。お店の前に20人を超える大行列があるではありませんか そしてやっと食べる順番が来ましたが、席は相席で、しかも他の人が待っているので、なんとなく早く食べて出て行かなきゃという気持ちになります。しかし!めちゃくちゃ美味しかったんだなぁ

ということでタッキーとも行きます。
フォーはひとつ5万ドン(約250円)のものをオーダー。写真では分かりにくいですが、全面にお肉が敷き詰められていて、食べ応えたっぷりです。しかもスープが美味しい
Pho Gia Truyen_Pho restaurant 01

テーブルに置いてある唐辛子はめちゃくちゃ辛いので要注意です。私は小さな輪切りを2切れ入れただけで途中で辛くなって避けました。

お店の外は今回も行列です。行列と言っても、30分くらい待てば順番が来ましたけどね。
Pho Gia Truyen_Pho restaurant 02

今回もとても美味しくいただきました ハノイで最高に美味しいフォーが食べたい方、多少並んで待ってもよい方にはお勧めのお店です

Phở Gia Truyền


この日の夜ご飯もベトナム料理です。
南部地方の麺料理、ブンボーナンボー(BUN BO NAM BO)。
BUN BO NAM BO_restaurant 01

お店の入り口から中を見ると満席の様子で、ここでも待たなくちゃいけないな~なんて思って思っていたら、2階へ通されました!さすが人気店、2階もあったのね。
BUN BO NAM BO_restaurant 02

サイゴンビールとブンボーナンボー
BUN BO NAM BO_restaurant 03

しっかり混ぜていただきます。見た目のシンプルさとは裏腹に、これまた美味しかった
BUN BO NAM BO_restaurant 04


他に、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」なども買い食いして、ハノイのローカルグルメを満喫した一日でした。(バインミーの動画も良ければご覧ください

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ





午前中からハノイ旧市街を散策です。ベトナム人は普段からバイクに乗る時にマスクをする習慣があるのですが、排気ガスを直接吸わないためだけではなくて、特に女性は日焼け防止の意味もあるのだとか。
Hang Bac street

昔、ホーチミン市で色々なタイプの日焼け対策マスク(首まで隠すものや、耳まで隠すもの等)を見かけたので、今回、「洗濯物を干す時用」としてちょっと面白いお土産的に買おうと思っていたのですが、ハノイでは意外に見かけませんでした。

ホアンキエム湖の北西側には、可愛らしいお土産物屋さんが並びます。
Hang Gai street

この辺りのお店では、このバンブーのバッグが2,200円くらい、

こちらのラタンのバッグが2,000円くらいで売っていました。

タッキーは内布が付いたかごバッグをお買い上げしていました

Coffee Clubというカフェで一休みです。写っていませんが、写真右側にはホアンキエム湖も眺めることが出来ます。ホアンキエム湖の周辺は歩行者天国になっていました。見難いですが、左手側の車道との間には柵が置いてあります。
View from Coffee Club


その後、日本人が経営しているお土産物屋さん、アジサイに来ました。
これはバッチャン焼きの箸置きです。スプーンとお箸を並べて置けるタイプです。
Souvenir shop_Ajisai02

フルーツ柄も可愛い
Souvenir shop_Ajisai01

ネットで見かける有名らしい石鹸、ここでも扱っていました。
Souvenir shop_Ajisai03

日本人が好きそうなものが沢山置いてあるので、効率よくお買い物出来るかもしれません。

さて、シェラトンハノイのOven d'Or Restaurantというレストランに「HI TEA MENU」があります。本場イギリスのハイティとは違って、いわゆるランチ使い出来るものです。シェラトンハノイでは正午スタートだったと思います。
いくつかメニューがあって、2品のコースとか3品のコースを選べたのですが、タッキーと私は、スープまで飲んでしまったらお腹いっぱいになりそうと思い、サラダとメインをひとつずつ選ぶメニューにしました。これにドリンクと、デザートビュッフェまで付いて、2,000円程度という感謝感激の価格設定です
Sheraton Hanoi Hotel_lunch_menu

サラダはシーザーサラダを選びました。ドリンクはオレンジジュースをチョイス。別皿で美味しいパンも付いていました。
Sheraton Hanoi Hotel_lunch_01

メインはチキンと迷ったけど、アンガス牛のひれ肉にしました。最後に残ったソースをパンに付けていただきました。美味しかった
Sheraton Hanoi Hotel_lunch_02

デザートビュッフェ。8月だったので、月餅がデザートにありました。他にもフルーツやアイスクリームなどもありましたよ。
Sheraton Hanoi Hotel_lunch_03

デザートをいただく時は、セルフでコーヒーや紅茶を自由に飲むことが出来ます。
5つ星ホテルでの素敵なランチ、おすすめです

Sheraton Hanoi Hotel


さて、ホアンキエム湖に戻って来ました。子供たちが、小さな四駆や戦車を乗り回しています 写真左側に並んでいる車を借りて、歩行者天国になっている道路で遊んでいます。
Hang Khay street

綿菓子とフルーツ屋さん。
Street vendor


夜ご飯は、グルメコーナーというお店でいただきました。ホテルの上にあるので、一旦ホテルに入って、奥のエレベータから上がります。店内はとても落ち着いた、お洒落な雰囲気です。
The Gourmet Corner

生春巻きと揚げ春巻きを食べ比べてみましたが、ここのエビの揚げ春巻きが絶品でした!!

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

The Gourmet Corner

↑このページのトップヘ