東南アジアの街角で ~ 旅する中年女の自由帳

現在は旅の回想ブログになりますが、いつかまた旅できる日を夢見て...

2020年10月

さて今日も良い天気
Hoi An Town_nice weather


晴れた日のホイアンは本当に綺麗です。写真に写っているのはトゥボン川で、対岸の中央に見えている橋は来遠橋(日本橋)です。
Hoi An Town_Thu Bon River


さてこれからこのトゥボン川を渡って対岸のホイアン旧市街に行きます。トゥボン川には小さな橋がかかっていて、アンホイ橋というのですが、ホテルのある小さな島と世界文化遺産のホイアン旧市街を結んでいます。これはアンホイ橋からの眺めです。
201908_Hoi An_01


それではホイアン旧市街を散策します アンホイ橋を渡って北上して行くと、、、
Hoi An Town_Chau Thuong Van


まずは廣肇(こうちょう)会館(広東会館)に突き当たります。
Hoi An Town_Cantonese Assembly Hall_04


ここは中国の広州と肇慶(ちょうけい)出身の方々によって建てられた集会所だそうです。
Hoi An Town_Cantonese Assembly Hall_02

この龍の像、近くで見ると圧巻です
Hoi An Town_Cantonese Assembly Hall_01

Hoi An Town_Cantonese Assembly Hall_03


廣肇会館を正面にして、西に曲がれば来遠橋(日本橋)なのですが、今は来遠橋を背にして、Tran Phu(チャンフー)通りを東へ進みます。

早速、来てみたかったReaching Out Teahouseというカフェへ。ここは聴覚障害のある方が働いているそうです。障害のある方に接客業で働く場を提供するお店のスタイルに感銘を受けました。聴覚障害はただの個性、そんな声が聞こえてくる気がします。

エアコンは無く、オープンエアな店内です。道行く人を眺めながら、素敵な食器でレモンジュースをいただきました。クッキーも付いていました
Reaching Out Teahouse_01


店員さんと何か話したい時は、机にある小さなブロックを使ってメッセージを伝えます。実際は、メニューを指差して注文し、飲み物が運ばれてくると、店員さんはあっという間に下がって行ったので、特にブロックを使う機会もなかったのですが、事前にThank youのブロックを握りしめて用意しておけば良かったです
Reaching Out Teahouse_02


静かな時間が流れるカフェでした。

Reaching Out Teahouse
131 Tran Phu, Minh An, Hoi An


ホイアンは素敵なカフェが沢山あるので、街歩きしながら目移りしてしまいます
このHoi An Raosteryというカフェは、狭い旧市街の中だけでも何店舗もあって、私たちも入りましたがお洒落なお店でした。この店舗は軒先のブーゲンビリアが素敵すぎます
(場所はTran Phu通りとLe Loi通りの交差点です。)
Hoi An Raostery cafe_01


世界文化遺産であるホイアン旧市街は、黄色い壁もその特徴のひとつです。そして各店舗が植えているバナナの木やブーゲンビリア等の植物との調和が美しいです。
Hoi An Town_yellow wall


続いてはインスタグラムの写真スポットとして旅行者の間で有名に(?)なったSUNDAY in Hoi Anという雑貨を売っているショップに来てみました。道路側からは見えないのですが、お店の奥の中庭にそのスポットは現れます。

Hoi An vibes onlyの文字をバックに写真を撮る人が続出です。私も撮りました
SUNDAY in Hoi An_01


その向かい側はブランコです。タッキーと二人で撮れば良かったなぁ
SUNDAY in Hoi An_02


更にTran Phu(チャンフー)通りを東へ進むと福建会館(金山寺)があります。
Hoi Quan Phuc Kien_01


写真映えする素敵な建物です。今回、タッキーとは観光名所に行っていないので、名所の写真は過去の写真になります。
ホイアンで観光名所に入るには、事前にチケット販売所で5枚綴りくらいになったチケットを買っておきます。アンホイ橋の横にも販売所があります。(アンホイ橋の場所は後述)

下の写真の日は曇り空。青空じゃないとちょっと残念
Hoi Quan Phuc Kien_02

Hoi Quan Phuc Kien_06


ここは中国の福建省からわたってきた華僑が集う場所だったそうです。
Hoi Quan Phuc Kien_03


これは長~いお線香だと思います。街中のお店でも売っていました。
Hoi Quan Phuc Kien_04

もしこれが長~い蚊取り線香であればちょっと興味はあったけど、帰国する頃にはバラバラに割れてることでしょう。。
Hoi Quan Phuc Kien_04-2

Hoi Quan Phuc Kien_05


福建会館(金山寺)
46 Trần Phú, Cẩm Châu, Hội An


さて、Tran Phu(チャンフー)通りをずっと東へ進んで来ましたが、ホイアン市場に辿り着いたので、次の記事で昼食にしたいと思います


余談ですが、ホイアン旧市街と、私たちが今回宿泊している小さな島の間のアンホイ橋を起点に行動するのが私は好きです。

地図で言うと、アンホイ橋は青い星印★のところです。前回の記事のナイトマーケットは水色のラインです。
Map_HoiAn_01


ホテルもこのアンホイ橋から離れすぎないエリアで取ります。というのも、実際には限られたエリアでしか行動しないことが多いからです。

1泊や2泊の滞在で、徒歩で遊ぶ場合、ほぼこのピンクのエリア内にいます。自転車をレンタルする時はもっと動き回りますけどね。
Map_HoiAn_02


狭い範囲で楽しめるというのは、私のような長い時間歩くのが辛くなってきた人には嬉しい観光地です

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

到着初日はまずナイトマーケットをぶらぶらします。
Hoi An Town_night market_02


このナイトマーケットは小さくて、200メートルくらいしかありません。
価格も安いと思います。
Hoi An Town_night market_01


正直、ここにあるものはハノイにもホーチミンにもあるという印象ですが、ぶらぶら歩きまわるのは楽しいです。

石の美顔ローラー
Hoi An Town_night market_05


仏陀の手のお香入れ。商品なんですが実際にお香が焚かれていますね
Hoi An Town_night market_06


ドラゴンのお香入れ。ドラゴンの口から煙が出てくるのかな。
Hoi An Town_night market_9


布小物や仏像の置物、アクセサリーに食器にと、とにかく色々なものが売っています。
Hoi An Town_night market_07


私もここで布のポーチをいくつか買いました。今は東南アジア各国のお金が入ったお財布となっています。
Hoi An Town_night market_fabric pouch


もしホイアンの後に他の都市に移動する場合は、同じ商品を見つける可能性は高いものの、ホイアンは観光地のわりに価格が安いので、気に入ったものがあれば買っておいても良いと思います!
Hoi An Town_night market_08


ナイトマーケット沿いにランタンショップもあるので、通りかかるたびに撮ってしまいます。
Hoi An Town_lantern shops_04


結婚式の前撮り写真を撮るカップルも複数いました。
Hoi An Town_lantern shops_05


小さいランタンもあります。記憶が定かではありませんが、ひとつ5万ドン(250円くらい)だったかな...??
Hoi An Town_lantern shops_07


小さな橋を旧市街の方に渡ると、タトゥー屋さんも見かけます。
Hoi An Town_night market_tatoo shop

好きなデザインを選んで彫ってもらいます。
Hoi An Town_night market_tatoo shop


その後、島に戻って来てナイトマーケット沿いのレストランに入りました。
メニューには写真があって、壁一面にも料理の写真が貼ってあって、観光客にはありがたいお店でした。タッキーも私もあまり量は食べないのに調子に乗って頼み過ぎました。
Hoi An Town_Vietnamese food


今日は早めにホテルに帰って、移動の疲れを癒して明日に備えます。


にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ


ホイアンのナイトマーケット


↑このページのトップヘ