東南アジアの街角で ~ 旅する中年女の自由帳

現在は旅の回想ブログになりますが、いつかまた旅できる日を夢見て...

2020年09月

2019年の夏、私と友人タッキーは町中が世界遺産であるホイアンに行くためにダナン国際空港に降り立ちました。

ホイアンはベトナム中部の町です。青空、建物の黄色い壁、トゥボン川、そこにブーゲンビリアが花を添える美しい町です。
201908_Hoi An_01

ランタンの町としても知られています。
Hoi An Town_lantern shops_03

小さな町なので、2泊くらいがちょうどいいと思い、今回は2泊にしました。その後、ハノイに向かいます。

ホイアンという町の私の印象は、
・異国情緒があって映える
・小さくこじんまりまとまっていて観光しやすい
・物価が安い
・お洒落なカフェが沢山ある
・ローカル料理が美味しい
・お酒タイムが楽しい

です。主に旧市街についての感想です。

Hoi An Town_Bougainvillea_02


今回、ホテルは私がチョイス。なにげにホイアンリピーターの私は、夕方に到着後すぐに友人に楽しんでもらえるよう、自分の好きなナイトマーケットやランタンショップがあるエリアの宿を予約しました。

空港からホテルまでは、今回はホテル送迎車を利用しました。4人乗りは一台片道35万ドン(1,700円くらい)、7人乗りは40万ドン(2,000円くらい)でした。ここで行きだけ手配しておけば、帰りはもっと安く帰れたので、その話は後述します。

宿泊したホテルはLa An Central Boutique Villa。デラックスツインルームリバービューのお部屋で、宿泊料金は2泊で198万ドン(1万円くらい)。ひとり5,000円でした。

窓からは川も見えて、赤い屋根が雰囲気があってなかなか良かったです。
2019-Hoi An_View from La An Central Boutique Villa

ちなみに、ホテルのプールは入ろうと思える雰囲気ではなかったです。フロントのすぐ前にあって、ロビーを歩いている人と近すぎる印象でした。

ホテルに到着したらもう夕方で薄暗く、備品をチェックしたり、携帯を充電したりしてから夜ご飯を食べに外へ。
ちなみに、位置関係を下の地図で見ると、ホテルが赤い星、ナイトマーケットやランタンショップが水色のライン、レストラン街がピンクのライン、対岸の黄色がホイアン旧市街となっています。ホテルからナイトマーケットまではわずか3分程度です。
Map_Hotel


外に出ると早速、ナイトマーケットが見えてきて、前方にはカラフルなランタンが素敵に灯っているのが見えます。
Hoi An Town_lantern shops_01


ごめん、タッキー。一番最初に目に入ったものはこれだったね。。。
(カエルの丸焼きがぶら下がってます。)
2019_Hoi An_night market_food stall


私たちが泊まっているホテルのあるこの島は、川沿いにお手頃価格のレストランがずらりと並んでいます。(これは対岸から島側を撮ったもの)
Hoi An Town_riverside


レストランのテラス席に座って、川を行き交う観光客の乗ったボートを眺めたり、すぐ前の道を楽し気に行ったり来たりしている観光客や、それらの人を熱心に呼び込みしているレストラン従業員の姿を眺めたりしながら、ワインやカクテルを飲むのが私の通例です。だいたい、2~3件ハシゴします。
2019-Hoi An_View from riverside restaurant

西洋人のおひとりさまも結構いて、自分が一人でも全然平気で大抵のレストランのテラス席を陣取ることが出来ます。一人旅でもとても楽しく過ごせる町です。

お酒代は元々高くない上に、ハッピーアワー(1杯飲んだら次の1杯無料とか)も浸透していて、それが結構遅くまで(19時半とか20時とか)やっています。中には、カクテルやワインを2杯飲んで500円くらいのお店もあり、お酒好きには楽しいこと間違いなし

食事は美味しいし、料理やお酒の価格は安いし、眺めは異国情緒たっぷりだし、本当に素敵な町だと思います

一度、バンコク在住のお友達とダナン国際空港で待ち合わせてホイアンに行ったことがあるのですが、同じ東南アジアといえども、そのお友達はホイアンの雰囲気をとても気に入って、また行きたいと言っていました。
ちなみに、バンコクからの直行便は結構高くて、ハノイ経由にすると安い便が沢山あったらしいです。でもバンコク~ダナン直行便だと2時間もかからないとか。

Hoi An Town_lantern shops_02


私は、夜も素敵だけど昼のホイアンが大好き!
Hoi An Town_Bougainvillea_03


真っ青な空、黄色い壁、そしてブーゲンビリアの緑の葉っぱに赤・白・黄色・オレンジの花!(実際は、色鮮やかな花に見える部分は苞(ほう)という葉が変化したもので、その中に白い花に見えるガクがある。)
Bougainvillea


こんなに町中が色彩豊かで、お洒落なカフェや雑貨屋、仕立て屋が溢れていて、そして町(旧市街)が世界文化遺産なのです。
Hoi An Town_Bougainvillea

写真映えする場所が沢山ありますが、友人のタッキーはあまり歴史的建造物には興味がなく、今回は殆ど観光地に入っていないため、そういう場所については書く時は、昔行った時の写真を使いたいと思います。


ところで、ダナン国際空港からホイアンまでは、
(1)バス
(2)タクシー
(3)ホテル送迎
(4)Grab
を利用したことがあります。おすすめは(4)→(3)→(2)→→→(1)順です。

タクシーで行くとだいたい2,000円くらいだった記憶があるので、旧市街周辺まではおよそ40万ドンくらいだと思います。ホテルの送迎を利用した際は、ホテルにもよるけどたいてい35万ドン程度だったと思います。

ホイアンからダナン国際空港まで帰る際は、ホテルが呼べる契約タクシーみたいなのを利用して(ちゃんと料金が張り出されていることも)、28万ドン(1,400円くらい)で行ってくれました。街中にも28万ドンの張り紙を何度か見かけたので、恐らくそれがその当時の最安料金、或いは相場だったのだと思います。

Grabアプリをインストールしてからは、雨の日以外は適正価格で移動出来るので便利。雨が降るととたんに価格が急上昇するのでそこは注意が必要です。

一度、ハノイでメーターが物凄い速さで回るタクシーに乗ったことがあり、すぐ気づいて降りたけど、(そういう悪質なタクシーがダナンにもいるのかは分からないけれど)、ダナンでは異変に気付いてタクシーを降りたとしても周りに何もなかったり、Wi-FiもなくてGrabも呼べなかったり、そういうリスクを考えると、ホテル送迎を頼んでおくのがいいかなと思います。Wi-Fiやデータ通信が使える方は、Grabで価格を確認してからタクシーと比較するとよいと思います。

それではこれからしばらくホイアン旅行にお付き合いください


にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

チェンマイからバンコクに到着。バンコクで1泊してから帰ります。
とりあえず夜ご飯はタイ料理をいただくことにして、KUB KAO KUB PLAというレストランへ。

店内を見上げると、お皿がシャンデリアのように飾られていて面白い。
201911_KUB KAO KUB PLA_Thaifood restaurant (1)

タイのChangビールで喉を潤しつつ、、
201911_KUB KAO KUB PLA_Thaifood restaurant (2)

パッタイをいただきました。
201911_KUB KAO KUB PLA_Thaifood restaurant (3)

このレストランのすぐお隣はTHE COFFEE CLUBで、どちらに入るか迷いました。以前、THE COFFEE CLUBでガパオライスを食べた時、日本人のお友達がタイ語で「辛さ控えめに」と言ってくれたハズだったんです。でもきっと伝わっていなかったのでしょう。スプーンひとくち分を口に運ぶごとに、身悶えする辛さのガパオライスを、汗を拭いながら食べた良い(?)思い出の場所です。その後、本当に辛さ控えめのガパオライスをTHE COFFEE CLUBで食べた時の物足りなかったこと!次回はチョイ辛で挑みたいと思っています。(多分、それがノーマルの辛さ)




バンコクにはここ数年、毎年のように来ています。
バンコク在住のお友達がいて、彼女がいるうちにと来るようになり、バンコクが好きになりました。この暮らしやすさ、発展ぶり、清潔さ、物価の安さ、豊富なお店、質の良い商品、マッサージ、行先の多さ、、、そこに素敵な文化が重なって、なんとも魅力的な街だと思います。でも、2020年はもう行けないだろうな。コロナが落ち着いたらまた行きたいと思います。

今回の短いバンコク滞在で、忘れず買ったのがこちら。

ヒルドイド
201911_souvenir_Hirudoid_cream

最強の保湿クリームとして知られるこのヒルドイド。タイでは特に処方箋は必要なく、ドラッグストアで買えます。私はいつもBootsで買っています。
201911_souvenir_Hirudoid_1

赤い方が成分が少なくて、青い方が多くなっています。私は特に乾燥で困っている訳ではないので、冬に使おうと自分用に赤の大きいのをひとつ。青の大きいのは上司の奥様に(え、逆に失礼?)。後はお土産に小さい赤を買いました。
201911_souvenir_Hirudoid_2


話が逸れますが、私はドラッグストアのBootsが大好きで、可愛いパッケージのシャンプーやコンディショナーはじめ、毎回色々買ってくるんですが、中でも大好きなのがサバイアロム(Sabai-arom)の商品
201911_souvenir_Sabai-arom_Rose De Siam

本当に良い香りで、特にジャスミンリチュアルの香りがお気に入り。でも他の商品も良い香りです。
201911_souvenir_Sabai-arom_jasmine ritual

オイルもあります。
201911_souvenir_Sabai-arom_02

横浜の赤レンガ倉庫で店舗を見たことありますがやはり割高になっていました。オイルもボディクリームも一通り試しましたが、私のお勧めは断然、ジャスミンリチュアルのハンドクリームです。最後に買ったのは2017年。その時、珍しくセールされているなと思って多めに買ったのです。どうやら、パッケージがリニューアルされる前のセールだったようで、今はパッケージが変わっています

Jasmine Ritual Hand Cream 75g
143.40バーツ(490円くらい)
https://sabai-arom.com/shop/jasmine-ritual-hand-cream/
あれ?以前より安くなってる??(嬉しい!)

次回また買いたいと思います。


さて、ここからはスーパーで買ったお土産です。
チェンマイで食べたカオマンガイが美味しかったので、帰りにカオマンガイソースを買おうと決めていました。写真からは分かりませんが、ひとつ14バーツ(50円くらい)の方の価格だったと思います。いずれにせよ激安でした。
201911_souvenir_Hainanese chicken rice sauce_1

こんなパッケージです。いろいろなソースがありましたが、Soybean Paste Dipping Sauceと書いてあって、鶏肉の絵が描いてあるものです。
201911_souvenir_Hainanese chicken rice sauce_2

ちなみに自宅で、ニンニクを刻んだものとショウガをおろしたもの、鶏ガラスープ、そして鶏肉をお米に乗せて炊飯!カオマンガイソースを付けていただきましたが、美味でした~!!パッケージに材料が書いてあるので、自分でもなんとか作れそうです。
201911_souvenir_Hainanese chicken rice sauce_3


他にもガパオライスやパッタイの素を買いました。これはガパオライスの素、3種類。
201911_souvenir_Ga Pao_stir-fry holy basil_01

ガパオライスの素の裏には、英語でも作り方が書いてあるのですが、よく見ると、右端の緑色の味の素の商品だけタイバジルが入っていないようです。なので、現地在住の方はいいですが、お土産に買うなら左と真ん中が良いかもしれません。
201911_souvenir_Ga Pao_stir-fry holy basil_02

写真が古いものしかありませんでしたが、スーパーで必ず買うのはドリアンチップス。ドリアンはにおいがきつくて食べられないけど、チップスになったとたんに美味しくいただけます。これは200バーツ(700円)してなかったと思います。
201911_souvenir_fried durian chips


新しく目についたのが、パウチに入ったコスメシリーズ。最近流行っていると友人が言っていたので、誰でも使えそうなボディクリームをメインにお土産に購入。鼻がスース―するヤードムも。
IMG_20191113_200342


Siam blendと書いているタイのコーヒー豆があったのでそちらも購入。黄色のアメリカンローストも良い香りを放っていたので購入。全部お土産で、私は飲んでないけど、二人から美味しかったとの感想をいただきました。
201911_souvenir_siam blend coffee


有名なハーブの歯磨き粉、DENTISTE’。これは自分用。
201911_souvenir_toothpaste

公式サイトには「おやすみ前の歯磨きで、目覚めの朝の口臭気にならない!目覚めてすぐKiss出来る。Love歯磨きデンティス。恋するハミガキ。翌朝までの口臭予防」と素敵な謳い文句が書いてあります。
まだ使ってないので、早めに味とか翌朝のお口の状況とか、確認してみたいと思います
(下記画像は楽天市場へのリンクとなります。)


日本限定 の レモングラスのフレーバーもあるみたいです。レモングラスの香りは大好きなので、こちらも興味あります



タイ王室が農村部の支援のために推進している「ロイヤルプロジェクト」の商品もお土産に良いと思います。プミポン前国王が、農民が自立したより良い暮らしが出来るように支援するために始まったプロジェクトだそうで、王族の方々がそれぞれ手掛けているので、農作物だけではなく、加工食品や雑貨など様々な商品があり、店舗もあちらこちらにあるようです。

商品はスーパーでも一部買えます。私は毎回、スーパーのマックスバリューで買ったり、セントラルワールドに行く度に店舗に寄って買っています。
これはとても古いですが2015年にセントラルワールドで買った保湿ジェルです。他にも洗顔料や目元用ジェルを買った記憶があります。
201911_souvenir_Skin care product_1

次回は他の店舗にも行ってみたいと思っています。

バンコクやその近隣地方への旅行については、また改めて書きたいと思います。

さて、次回からは2019年夏に行ったベトナムのホイアンとハノイのお話をする予定です!

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

今日はチェンマイを飛び立つ日です。ランタン祭りは昨日と今日(2019年11月11日と12日)とやっているようですが、初日にしっかり満喫して早めに飛び立つ計画にしました。

朝食にはローカルフードのカオマンガイを食べることにしました。カオマンガイはアジアでよく見かけるチキンライスで、鶏のスープでご飯を炊き、その上に茹で鶏または蒸し鶏が乗っていて、美味しいに決まっている一品
201911-Chiang Mai-Hainanese chicken rice_01


このお店のお肉は鶏ハムですね。とてもあっさりしていて、朝食でもペロリと食べることが出来ました。
201911-Chiang Mai-Hainanese chicken rice_02


食後の飲み物はビニール袋に入ったジンジャーティ 美味しかったです
こんな熱いもの入れていいの??とびっくりするくらい熱かったです。
201911-Chiang Mai-Local market_02


その後は周辺のローカルマーケットを散策します。
201911-Chiang Mai-Local market_03


自分へのお土産に、円盤状になったカモミールティを買いました。
201911-Chiang Mai-Chamomile tea


看板犬の皆さま。可愛い
201911-Chiang Mai-Local market_01


昨日のお祭りが夢だったかのように跡形もなくなっています。また今夜、夢のように出現するのでしょう。
201911-Chiang Mai-Local market_04


お祭りでよく見かけた黄色いキャンドルがどっさり袋に入って売られていました。
お祭りを思い出すアイテムとして欲しい気持ちもありましたが、量が多すぎて思いとどまりました。
201911-Chiang Mai-Local market_05


空港へは友人に送ってもらいました。いつも親切な友人には感謝しかありません
201911-Chiang Mai-Road to airport


空港に到着してまず目に入ったのは、、、ものすごい行列!!
201911-Chiang Mai airport_01


実際に並んで分かりましたが、空港の建物に入ってすぐのところに荷物検査場があるため、そこで大渋滞を巻き起こしていたようです。

入ってしまえばなんてこと、、、 ありました
201911-Chiang Mai airport_02


最後尾を探そうとしましたが、いや待てよ。。。

これは国際線の列!

私が今から行くのは バンコク!国内線だった

助かった

お祭り期間中に国際線で帰国する場合は、余裕をもって空港に来た方がいいですね。
日程に余裕があれば、お祭りから一日、二日、ずらして帰ってもいいかも。

チェンマイはお祭りだけではなく、のどかで綺麗でユニークで居心地の良い素晴らしい町だったので、のんびり過ごすのも良いと思います

私もぜひまた来て、この素敵な町をもっと知りたいと思います。
さよならチェンマイ、また来る日まで

にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

 

ランタン祭り(コムローイ)を楽しんだ後は、ぶらぶらとナイトバザール(ナイトマーケット)を見て回ることに。大通りの方ではまだまだ多くの人がランタンを上げています。
Chiang Mai Night Bazaar (Night Market)


お祭りムード一色の街で自然に心は浮かれます
Chiang Mai Night Bazaar (Night Market)


飲食店や雑貨屋の他にも、マッサージ店などもありました。見て回るだけで楽しい
Chiang Mai Night Bazaar (Night Market)


夕食は、タイ人の友人が日本食も好きだと言うので、この日は和食屋に入り、食べてもらいました。ストリートフードも色々試したかったけど、お腹一杯で無念。。
Chiang Mai Night Bazaar (Night Market)


それにしても、チェンマイのナイトバザールは広かったです。。。歩いて戻れる距離かどうかを見極めながら進みました。皆さん、ちゃんと帰りのタクシーを捕まえられてるのかしら とても混んでいたので、勝手な心配をしてしまいました。
Chiang Mai Night Bazaar (Night Market)


チェンマイ ナイトバザール



ナイトバザールの露店で、バタフライピーのお茶をお土産に買いました。
青いお茶ですが、レモンやライム果汁など酸性のものを垂らすと赤紫色に変わります。
IMG_201911_ChiangMai_D2-6 (4)


まあ、よくみかけるお土産ではありますが、抗酸化物質ポリフェノールの一種であるアントシアニンを含んでいるので、美容大好き女子へのお土産に喜ばれることでしょう。
IMG_201911_ChiangMai_D2-6 (5)


私的にはアンチエイジング効果よりも、「眼精疲労改善」「動脈硬化の予防」の方が心に響きました

サイズによってお値段違いましたが、小さいもので(それでも十分な量でしたが)一袋25バーツ(85円くらい)や50バーツ(170円くらい)程度で売られていて、とても安かったです.。とにかく軽いので、沢山買うのも躊躇しなくてよいところがGoodでした

こうして念願だったチェンマイのお祭りの夜は更けていきました。来て本当に良かったなと思います。友人によると、2月に行われるフラワーフェスティバルも一押しとのこと。盛大なパレードが行われるそうです


チェンマイのランタン祭りの様子は、ひとつ前の記事と、下記の動画からもご覧いただけます。
(お祭りは1:40から始まります)



にほんブログ村ランキングへ登録しています。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

↑このページのトップヘ